So-net無料ブログ作成

続・京都マラソン [雑情報kyoto関係]

以前の記事


友人の参加もないので気にしてなかったが 最近 記事が出るので
サイトを見ると 参加料が12000円に上がってた 事務手数料500円が別途取られる

2013年3月10日の第二回は2012年9月に締切られ 抽選結果も10月末に通知(12月に追加)
2月に案内が送付される

それとは別に 京都市スポーツ振興サポートランナー が募集されてた
10万円以上払えば 500名(マラソン480+ペア駅伝10組)が無抽選で出走できる
   東京マラソンでも10万円以上(+参加料1万円事務費500円)で
   3000人がチャリティランナーとして参加できる(定員は埋まらないとか)
1月に締切られたが 141名の応募しかなかった
5000万円の寄付を目論んでいたが 法人から大口の1千万円があって2900万円に留まる

ボランティアの募集は6000人から7000人に増加(先着順で12/14に締切り)
前回なかった京都新聞にKBS京都が共催になっていた 協賛企業も増えている



前回のマラソンは 市の負担2億5千万円と参加料1億5千万円で4億円の予算額
だが 支出が6億5千万円に増えたので 寄付を充てても赤字が2億3千万円になったとか
交通安全対策費や大会運営費が増えたと言い訳

緊急車両がコースを横切る際の「ランナーストップ」を想定していなかったなどで
京都府警との協議で 警備計画を見直すことになり
市内約260カ所の交差点などに警備員2600人を増員配置 
市外から派遣される警備員の宿泊費や交通費で
交通安全対策費は予算額を約1億3千万円上回ったそうだ
 
市内の交通量抑制を呼び掛けるチラシを近隣市町に配ったことも支出増につながった
ってことだが 計画が甘すぎる

その上 本年度予算に計上した負担金は前年度と同額 



文化財の”近く”を走るために無理なコース設定
広告的なものを身につけたり、表示することを認めない ばかりか
仮装して参加することは認めない と 盛り上げる気がない 
参加料の値上げに 寄付ランナー 集金ばかり目立つ お公家商売

以前の 京都シティハーフマラソンは 金不足で打切り このままでは 同じ道を歩む




関西マラソンガイドブック―大阪、京都、神戸、奈良。4大マラソンを走破せよ! (B・B MOOK 767 スポーツシリーズ NO. 637)

関西マラソンガイドブック―大阪、京都、神戸、奈良。4大マラソンを走破せよ! (B・B MOOK 767 スポーツシリーズ NO. 637)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社
  • 発売日: 2011/08/18
  • メディア: ムック




共通テーマ:blog