So-net無料ブログ作成
映画:アクション、SF、サスペンス ブログトップ

映画「イ ズ ・ エ ー (is A )」 [映画:アクション、SF、サスペンス]

少年犯罪を、父親の視点で描いた問題作品。
以下DVDの紹介程度。

続きを読む



共通テーマ:blog

映画「39 刑 法 第 三 十 九 条 」 [映画:アクション、SF、サスペンス]

1999年森田芳光監督作品
人間の心の闇を描いた心理サスペンス と紹介されています。

続きを読む



共通テーマ:blog

映画「トム・ヤム・クン」 [映画:アクション、SF、サスペンス]

最高のアクション映画、実写版。
宣伝もその点だけに力をいれていました。
興行的に正解で、トニー・ジャーをはじめ出演者の技にやられます。
それだけでも楽しめます。
ワイヤーアクションの白々しさに飽きてきた人にはピッタリです。

編集なく長まわしされる映像に、圧倒されます。
「この4分間のために1ヶ月用意をして、テストも8回重ねました」
(TJインタビューから)

私は、あまり「ポキポキ」が多いのはいやです。

出演
カーム:トニー・ジャー
マーク巡査:ペットターイ・ウォンカムラオ
プラ:ボンコット・コンマライ
マダム・ローズ:金星 (チン・シン)
ジョニー:ジョニー・グエン
巨人TK:ネイサン・ジョーンズ
カポエイラの使い手:Lateef Crowder

あらすじ
タイ人青年カームは、
ベトナム人ジョニー盗まれた象を追ってシドニーにやってくる。
ジョニーが店長のタイ料理店「トム・ヤム・クン」の背後には
中国人マダム・ローズが率いる悪の密輸組織があった。

トム・ヤム・クン! プレミアム・エディション 


  取り戻したい「愛」がある、取り戻したい「象」がいる。

 



タイのメッセージが込められた映画です。
現在の問題が点在しています。

ストーリーの展開上、悪役が必要です。
献上する大切な象を騙し取った密輸団は、
オーストラリアのチャイニーズマフィアの手下です。
随所に、中国批判の内容があります。
映画解説のほとんどが触れないようにしてます。
海賊版批判もありました。


インタビューから、
「タイトルは、ピンゲーオ監督が付けました。
トム・ヤム・クンは外国人がよく知るタイの食べ物であるし、
辛さと甘さ、すっぱさと塩味という4つの風味が含まれていますから、
この4つの味が映画の中にもあると表現したかったようです」

私は、すっぱさが印象に残ったのでした。
批判がすっぱさという意味であってたらですが。


メモ
○タイ国家象徴:国の動物・・・“チャーン・タイ”(タイ象)(Chang Thai)
(太平洋戦争中に食料として乱獲された)
○歴史
 第二次世界大戦が勃発時、中立宣言を出していたが、
 日泰攻守同盟条約で日本の同盟国タイは参戦。
 しかし、終戦後の外交手腕により敗戦国としての扱いを免れます。
 戦後、近隣諸国の共産主義化に脅かされるが、
 東南アジア条約機構の一翼を担い共産主義化は免れます。
○特色
 伝統的に王室メンバーへ対しての国民の敬意が非常に高い
 タイ族75%、華人14%、国民全体の貧富の差が激しい
 中国系は経済・政治面において大きなリーダーシップを握っている

 

マッハ!!!!!!!!の 「像」 が 「象」 になどと思ってるのは日本人だけ

中華思想(ちゅうかしそう)は、中国(中華)が世界の中心であり、
その文化、思想が最も価値のあるものとし、
漢民族以外の異民族を、「化外の民」として見下す選民思想の一種

俗に「中国人は四足なら机以外、空を飛ぶものなら飛行機以外なんでも食ってしまう」
と言われるように、その食材は多岐多様にわたる。

 マッハ ! プレミアム・エディション



共通テーマ:blog

映画「SAW2」 [映画:アクション、SF、サスペンス]

SAW3が3/16DVD発売されようとしてますが

ソウ3 DTSエディション 

 


スター・チャンネルでSAW2です。
ソウ2 DTSエディション 


 


この手の猟奇殺人ものは嫌いです。
残酷さを競うなど、普通の神経には思えません。
喜んで批評する人には、恐くて近寄れません。

より過激にするならSAW3はもういいです。

他人の弱みにつけ込んで、ここまでするか!
ゲーム感覚で、死に追い詰める犯人と、
追い詰められた人の行動は、どうするんだ?

SAWを見たから、恐いもの見たさで、
苦手だが見てしまった。

話は飛びますが、
SAW2サイトのゲームをすると、
私のゴールは、
「ジグソウには会うことはありませんでした」でした。
適当にもう一度すると、今度は「ジグソウ」になりました。


内容を推理するのも良いでしょう。
しかし、
これは、お仕置きです。
命を軽く扱った人に対してのです。

死を意識した時、生を意識できるのだと
ジグソウの怒りのメッセージです。
ただ、やりすぎや。



共通テーマ:blog

サスペンス映画 「オールドボーイ」 [映画:アクション、SF、サスペンス]

監督 : パク・チャヌク
出演 : チェ・ミンシク  『ハッピーエンド』『シュリ』『ブラザーフッド』 
     ユ・ジテ  『春の日は過ぎゆく』『リベラ・メ』 
     カン・ヘジョン  『トンマッコルへようこそ』

突然連れ去られ、15年もの間監禁されていた男が、
15年後、監禁から開放され、敵を突き止め復讐を・・

原作は「漫画アクション」にて連載された同名のコミックなのは、
ずいぶん後で知りました。(原作 : 土屋ガロン)
カンヌ映画祭でグランプリを獲得。
ハリウッドでリメイク。(ユニバーサル社)
完成度、評価の高い作品です。

暴力的シーンが苦手な人には薦められません。
先が読めてつまらんとかいう感想があったのですが、??不思議です。
先は読みづらいです。
詳しく内容を書けないのが残念です。
強烈な印象を残した作品です。


人間の中にある”闇の部分”の怖さを知らされた作品。
これぐらいの事が、こんな事に・・
人それぞれの、重さの違いに気付けるだろうか

オールドボーイ―ルーズ戦記 (1)

オールドボーイ―ルーズ戦記 (1)

  • 作者: 土屋 ガロン, 嶺岸 信明
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 1997/04
  • メディア: コミック

オールドボーイ―ルーズ戦記 (2)
オールドボーイ―ルーズ戦記 (3)
オールドボーイ―ルーズ戦記 (4)
オールドボーイ―ルーズ戦記 (5)
オールドボーイ―ルーズ戦記 (6)
オールドボーイ―ルーズ戦記 (7)
オールドボーイ―ルーズ戦記 (8)

オールド・ボーイ スタンダード・エディション

オールド・ボーイ スタンダード・エディション

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2006/03/24
  • メディア: DVD




共通テーマ:blog

もう一度観たい映画「es[エス]」 [映画:アクション、SF、サスペンス]

es[エス]

あらすじ
大学の心理学部で実験が試みられ、新聞広告で集められた人が、被験者となります。
”看守役”と”囚人役”に分けられた被験者は模擬刑務所に収容されます。
2週間、設定されたルールのなか、それぞれの役を演じるのです。
その中に、この実験をレポートして、記者として復活しようとするかつて新聞記者で現在タクシーの運転手をしている主人公タレクが、参加します。
囚人役は、番号で呼ばれ、看守役に敬語を使い、指示に従わなくてはならないのです。ルールを犯した、囚人は罰を与えられるます。ここのルールです。
安易な感じで、実験に参加していた人たちが、次第に対立し、
自分を無くしていきます。やがて、実験は中止に追い込まれます。(あらすじ終)

2001年モントリオール国際映画祭にて最優秀監督賞を受賞作品です。

実際の実験をもとにした映画だそうです。
実に怖い映画です。サウペンスが?サイコが?いいえ、現実だからです。
環境で、人は、人でなくなることができるのです。
戦時下の中という特殊な環境下では、現実におこっていることです。
映画は刑務所の環境での出来事で、現在の生活環境ではありません。
でも、”管理職役”や”先生役”、”父親役”や”母親役”、”恋人役”を演じてるなと、思った事はありませんか?。ホントの自分と違う役をやってませんか?。
ある場所では、リーダーで、違う場所では服従者だったり、反抗者になったり。
求められた役なのか、状況がそうさせているのか。
自分だけは、いつも同じと言い切れるでしょうか。

 

es[エス] 



共通テーマ:blog

もう一度観たい映画「L.A.コンフィデンシャル」 [映画:アクション、SF、サスペンス]

 せっかく、カテゴリーを分けたので、

「L..A.コンフィデンシャル」

1997年作品 98年度キネマ旬報ベスト・テン第1位です。
50年代初期のロサンジェルスを舞台に、殺人事件をめぐり、警察と暗黒組織でうごめく人間模様を描いたサスペンス。
2時間を越える(138分)作品ですが、飽きさせませんでした。私をサスペンス好きにさせた映画です。

何本も観ていると、似たような映画に出くわして、余計な事に比較してしまい、
過去に観た方が、よかったとか思ってしまう事があります。
刑事ものですから、誰が犯人かわかってしまっては、興味半減です。
パターンは限られてますから、たまたま、同じ結末が続いたりしたら、自分の選択ミスです。諦めます。
幸い、私は、すぐ忘れるので、毎回、今回の作品は、どうなるのか楽しんでいます。

過去作品のひいきを考慮しても、とっておきの秀作だと思っています。


あらすじ
街のコーヒーショップで元刑事を含む6人の男女が惨殺される。
殺された刑事の相棒だった バド刑事が捜査を開始。
殺された女と一緒にいたリンに接近。リンはスターに似た女を集めた高級娼婦組織の一員。
エド警部補も売春組織を捜査。ジャック刑事に協力を求める。

出演者
ケヴィン・スペイシー :副業家のジャック・ヴィンセンズ刑事
ラッセル・クロウ :熱血漢のバド・ホワイト刑事
ガイ・ピアース :野心家のエド・エクスリー警部補
ジェームズ・クロムウェル :刑事課のボス、ダドリー・スミス警部
キム・ベイシンガー :高級娼婦のリン
ダニー・デヴィート :タブロイド誌の記者シド
デイヴィッド・ストラザーン :売春元締のピアス・パチェット

:くれぐれも、検索で「L.A.コンフィデンシャル」を調べて、映画解説やあらすじを読まないようにして下さい。結末、犯人を書いてるところが複数あります

L.A.コンフィデンシャル 



共通テーマ:blog

もう一度観たい映画 「ニューオーリンズ・トライアル」 [映画:アクション、SF、サスペンス]

実話が原作で、法廷、裁判を扱った作品の巻

「ニューオーリンズ・トライアル」

出演 ジョン・キューザック、ジーン・ハックマン、ダスティン・ホフマン

ニューオーリーンズで起きた銃の乱射事件に絡み起こった訴訟の行方を描く緊迫のドラマ。
「陪審員候補を徹底的に調べ上げ、裁判を優位に運ぶ世界」の怖さが、日本にもやってくるのでしょうか。

ニューオーリンズ・トライアル スタンダード・エディション

ニューオーリンズ・トライアル スタンダード・エディション

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2006/03/24
  • メディア: DVD
 
 
 
「エリンブロコビッチ」

出演 ジュリア・ロバーツ、アルバート・フィニー, アーロン・エッカート

超貧乏生活からアメリカ史上最大の和解金額を得た実話からのサクセスもの。
この映画のジュリア・ロバーツは、いつもの彼女とはちょっと違う気迫を感じます。

エリン・ブロコビッチ

エリン・ブロコビッチ

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日: 2006/09/27
  • メディア: DVD

結果が分かってるサスペンスなんですが、これなら、と思う2本です。

 



共通テーマ:blog

SF・アクション映画おすすめ [映画:アクション、SF、サスペンス]

知ってる人は、知ってるが、知らない人は、知りません。人気のない(知られてない)作品は、映画館が限定されていたり、広告が少なかったりします。情報が発展した今では、口コミが溢れてしまい、選別から漏れてしまうのでしょうか。面白い映画に、うまく辿りつけた時は、得した気分です。SF・アクションのおすすめ「ギャラクシー・クエスト」、「リベリオン」、「ガタカ」の3本です。

 

 

「ギャラクシー・クエスト」

人気のTVシリーズを宇宙で受信した、異星人(サーミアン)が実話と理解し、出演者を崇拝していた。他の宇宙人サリスに侵略を受けたサーミアンは、地球に助けを求めにやってくる。出演者は出演依頼と思い込み、一緒に宇宙へ。そこには実物の宇宙船が・・・。

本当のヒーローになれるのかが見どことです。ギャラクシー★クエスト

 

 

「リベリオン」

第3次世界大戦後の薬漬管理社会で、取り締まる側の主人公(プレイストン)が、人としての感覚を取りもどしていくストーリー。

見せ場は「ガン・カタ」です。簡素に伝えるなら、ガン道でしょうか。戦後の荒廃した世界で、生き残った人々が、戦争を繰返さないために選択したのが、残虐性と感情を抹殺する事です。平和を維持するため、精神に作用する薬を注射する義務を国民に課すのです。その結果、独裁者が現れてしまいます。管理者は薬を使わないからですね。

リベリオン -反逆者-

 

 出演 クリスチャン・ベイル、 エミリー・ワトソン

 

 

 

「ガタカ」

D.N.A操作で生まれる”適正者”だけが優遇され、そうでない”不適正者”は差別される社会で、”不適正者”の主人公は夢であった宇宙飛行士を実現しようとしていた・・。

1998年公開の作品です。近い将来、遺伝子で選別される世界が、きてしまう怖さがあります。

イーサン・ホーク、ユマ・サーマン、ジュード・ロウが出演しています。

ガタカ 


コメント(10) 
共通テーマ:blog

頭文字D [映画:アクション、SF、サスペンス]

今日観た映画の1本目は 頭文字〈イニィシャル〉D The MOVIEです

出演 ジェイ・チョウ 鈴木杏 エディソン・チャン ショーン・ユー アンソニー・ヲン チャップマン・トゥ

監督 アンドリュー・ラウ アラン・マック

頭文字[イニシャル]D THE MOVIE スタンダード・エディション 

 

ハリウッド作品のような「ド派手なクラッシュシーン」に期待するのではなく、峠でのバトルシーン、ドリフトが見ものです。

内容的には悪くありませんでした。この作品を選択した理由の多くは、出演人でした。同じ監督の「インファナル・アフェア」3部作の「無間序曲」の主なキャストが出演しています。「インファナル・アフェア」は、香港作品侮れず、と教えてくれた作品です。「侮れず」といっても、見下げているのでもなく、軽んじている意味でもありません。このタイプ(サスペンス、スパイ物)の作品が、アジアで創れるのだという羨望なのです。インファナル・アフェア インファナル・アフェアII 無間序曲 インファナル・アフェアIII 終極無間

 

「インファナル・アフェア」3部作

インファナル・アフェア トリロジーBOX

2作目は イン・グッド・カンパニーです

出演デニス・クェイド スカーレット・ヨハンソン トファー・グレイス

企業買収に揺れる出版社を舞台に、若い上司、リストラと家庭にも対処しなければならない重役のダンが奮戦するコメディーです。

有名作品ではないみたいですが、よく出来た作品だと思います。楽しめます。

イン・グッド・カンパニー 

 

 



共通テーマ:blog
映画:アクション、SF、サスペンス ブログトップ